結露対策に内窓

12/12/20

我が家の脱衣所の窓、リフォームでペアガラスのサッシ(アルミの枠)にしたのですが、湿気が多い所は、やはり結露無しという訳にはいかないようです。ほんのりと汗とかいています。また、近づくとひんやりする感じはいなめません。
そこで、この問題を解決すべく、内窓を自作。以前住んでいた借家でも自作して付けていましたが、効果は絶大です。構造は、ポリカのツインカーボ(透明なプラスチック製の段ボールのようなもの)にコルクボードの枠を付けた簡単な造り。ツインカーボは借家で使っていたものを切断して再利用しました。これを、窓の枠にはめ込み、カーテンの突っ張り棒で倒れないようにして完成。
早速温度計で表面温度を測ってみると、サッシの枠は3℃、はめ込んだ内窓の表面温度は9℃。上々の仕上がりです。結露もひんやり感も無くなりました。ただ、窓の開け閉めが面倒なので、この窓は暖かい春が来るまで冬季封鎖ということで。
IMG_3246