壁に刻まれた思い出

13/06/21

久しぶりに壁を塗りました。昨年秋にリフォームした際、壁は自分で珪藻土を塗ろうと、下地のまま残しておいたのです。すぐに塗れるだろうと思っていたのですが、なかなかそうはいかず、まだ半分くらいしか仕上がっていません。暇をみては少しずつ塗っています。少しずつコツがつかめてきたのですが、頑張ってもあまりキレイに仕上がらない事が分かってきたので、最近は、”それなり”の仕上がりです。
さて、今日も大分進んだぞ、と片づけをしていると、次男の叫び声が。あわてて行ってみると、なんと壁にべったりと手の跡が。滑って転んだらしい。普段はそんな所では転ばないだろう!なんとタイミングの悪いやつだ。塗った壁や床に子供の手型を思い出として残す事もよくあるのですが、今回のは事故です。それにしても大胆な手型だ、芸術的でさえある。とりあえず残しておきますか。
IMG_4006