一人で測量

11/12/20

東出雲町某所、年明け着工のO様邸の敷地測量に出かける。見渡しのいい所なので、一人で測量できるでしょう。測量機器を設置して、ポイントにスタッフ(高さを測る器具)を立て、機械のところに戻り計測。そして、次のポイントに目標を立て、また戻り計測。行ったり来たりを繰り返すという作戦だ。
しかし、大きな誤算が、風が強い。機械のところに戻る前に風でスタッフが倒れてしまった。あわてて立て直す。そして戻ろうとするとまた倒れる。「風が吹く前に戻って測る」右往左往する私、とても間抜けな光景だ。人には見られたくないな。
そこに偶然、O様一家登場。たまたま様子を見に来たらしい。いいとこに来られました。満面の笑顔でお出迎え。そして、すかさずスタッフを渡す私。「これを持ってあの辺りに立ってください。」「次はあちらにお願いします。」言われるがままに動いて下さる素直なO様。お手伝いありがとうございました。本当に助かりました。
おっ、遠くには先日の住宅際に出展した当社のモデル住宅が見える。
IMG_1748